こんにちは!

ようこそ、ご訪問頂きありがとうございます♪

管理者のお祭り大好き♪「umi」と申します。

このサイトは、群馬県内の夏祭り&花火大会を私個人で厳選して、
選んでみました!

私が選んだ夏祭り&花火大会よりもっともっと素晴らしい夏祭り&花火大会が
あるよ!って思うかもしれませんが・・・(^^;

そこはあくまでも私個人が近所で行きやすい所って
ゆうことで選んでいるのでご了承くださいね!(^^)

スポンサーリンク

江戸時代を起源とする須賀神社の「祇園祭」と、
「沼田まつり商工祭」が統合された、沼田市民総参加の大祭です。

    

おぎょん、まんどう、だんべい踊りをご覧あれ!

江戸時代を起源とする須賀神社の祇園祭に、商工祭を加えた市民総参加の大祭。

古くから「おぎょん」(お祇園)とよばれています。

千人みこしやだんべい踊り、まんどう(万灯)行列に天狗みこし、
沼田バカ面踊り、その他お祭り一色の三日間。

沼田まつりの歴史は古く、起源は江戸時代まで遡ります。

須賀神社の祗園祭である「沼田祗園祭」がその源流となっています。

沼田まつりは、江戸時代を起源とする須賀神社の「祇園祭」と、
「沼田まつり商工祭」が統合された、沼田市民総参加の大祭です。

古くから「おぎょん」と呼ばれており、毎年20万人以上の人出で賑わっています。

須賀神社、榛名神社の両神社みこし渡御をはじめ、優美華麗な山車「まんど」の行列、
市内各地域から参加する町みこしの共演、

子供みこし行列、「千人おどり」と呼ばれる流し踊り等、様々な行事が行われます。

特に大天狗面をみこしに仕立て、

約300人の女性だけで担ぐ「天狗みこし」は迫力満点です!

主なイベントはみこしと踊り!

   

神社みこし。

須賀神社・榛名神社のみこしの渡御は勇壮で、特に最終日の夜の渡御で最高潮となる。

まんど。

人形を飾り、お囃子(はやし)をつけて曳行(えいこう)する山車(だし)。

沼田では古くから「まんど」や「まんどう」という名で親しまれている。

子供みこし。

沼田市内の各地域から参加する、元気のよい子供たちのみこし渡御が行われる。
4日には東と西から行列を組んで市役所広場に集合。

天狗みこし。

2つの大天狗面をみこしに仕立て、約300人の女性により担がれる。

千人おどり 。

昭和34(1959)年頃より、町内の婦人会や商工業者の婦人が輪おどりとして沼田小学校校庭や沼田公園で
「沼田音頭」「沼田天狗ばやし」を発表していたと言われています。

昭和47(1972)年頃より沼田まつりに参加、昭和63(1988)年より「流しおどり」として歩行者天国内で披露しています。

これには、浴衣姿でなくても誰でも自由に参加することができます。

町みこし。

沼田市内の各地域から多くのみこしが参加し、それぞれ威勢よく渡御が行われる。

4日の夜に行われる市役所広場での共演は迫力満点です!

沼田まつり
〒378-0042 群馬県沼田市西倉内町中町780

沼田祇園囃子保存会連合会の公式ホームページ。

http://www.0278.jp/index.html

沼田まつりは「beyond2020プログラム」認証事業として認められました! 

   

◎beyond2020プログラムについて   

政府は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代の
レガシーを創り出すプログラムを「beyond2020プログラム」として認証し日本全国へ展開していきます。

beyond2020プログラムについて
政府は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代の
レガシーを創り出すプログラムを「beyond2020プログラム」として認証し日本全国へ展開していきます。

beyond2020ロゴマーク

こちらのロゴマークのデザインは「いいね」や「グッド」などの賛同のジェスチャーをモチーフにしています。
加えてbeyondの「b」や日本を象徴する「わ」とも読み取れます。

日本の文化を継承し拡げていきたい、との願いを込めて、
2020年を新たなる発展へのステップとしてシンボライズしたロゴマークです。

スポンサーリンク

沼田まつり(ぬまたまつり)開催日。 

   

8月3・4・5日

開催地。

群馬県沼田市中心市街地

祭典本部住所。

群馬県沼田市西倉内町780(沼田市役所)

アクセスはコチラから! 

    

●JR沼田駅→徒歩15分
●関越道沼田ICから国道120号経由2.5km10分

駐車場、2300台、無料
沼田市観光まるわかりガイド
www.numata-kankou.jp

沼田まつりバス路線&交通規制はこちら! 

  

沼田まつりバス路線図

沼田まつり交通規制

※この情報は、1018年の情報を元に記載しています。
 今後の最新情報は、随時更新して行きます。

おわりに・・・

      

須賀神社と、榛名神社の二つのおみこしが練り歩く様子はとても勇壮で、迫力があります。
山車の行列は、優美で華麗でした。

また、海外からのお客さんが熱心に鑑賞されているのが印象的でした。

「おぎょん」は暑さとの闘いです!

本場京都の祇園祭の宵山以上に蒸し暑く熱中症対策は必須です!汗)

江戸時代を起源とする須賀神社の「祇園祭」と、「沼田まつり商工祭」が統合された、

子供みこし行列、「千人おどり」と呼ばれる流し踊りなど沼田市民総参加の大祭なんです!(^◇^)

みんなで一緒に暑い群馬を楽しみませんか?

本日は長文を、最後までお読みいただきありがとうございます!m(__)m
この記事がお役に立てたのであれば幸いです♪

ぜひ群馬県民の方も、群馬へ遊びに来られる方も参考にして頂ければ幸いです!

最後までお読みいただいた皆様の、ステキなライフスタイル(Lifestyle)を
心よりお祈り申し上げます。

  管理人。

スポンサーリンク