こんにちは!

ようこそ、ご訪問頂きありがとうございます♪

管理者のお祭り大好き♪「umi」と申します。

このサイトは、群馬県内の夏祭り&花火大会を私個人で厳選して、
選んでみました!

私が選んだ夏祭り&花火大会よりもっともっと素晴らしい夏祭り&花火大会が
あるよ!って思うかもしれませんが・・・(^^;

そこはあくまでも私個人が近所で行きやすい所って
ゆうことで選んでいるのでご了承くださいね!(^^)

スポンサーリンク

高崎祭り&大花火大会!  

  

夏休みにはいろいろなイベントがあって、お出掛けが楽しいですよね♪

長い休みだからこそ、出かけられる場所もあったり(^^)

せっかくお出掛けするのなら、

一回のお出掛けでいろんなイベントを一気に楽しみたい!

て思ったりしませんか?

特に大人になってからは、休みも少ない、ストレスが溜まる!!

余計にそう思っちゃう方も多いハズっ。

だって、大切な人や家族と、出掛けのだからステキな思い出も刻みたいし
パ~ッとはっちゃけたい!

例えば、「花火大会」に行くのなら、昼の間も騒ぎたい!!

そんな花火大会、実はあるんです!

それがわが地元で行われる「高崎まつり」!!

御神輿、花火、まさにお祭りの王道です! 

  

高崎市中心市街地で、2日間にわたり例年70万人の人出がある人気の高崎まつり、
メイン会場のもてなし広場では勇壮な神輿のもみ合い、創作だるまみこし、
山車の巡行、和太鼓演奏、阿波踊りなどさまざまな催しが行われ祭りの熱気に包まれます。

市民による創作だるまみこしはユニークなものがたくさん出場し、見応えがあります。
初日の夜には烏川和田橋上流の河川敷で、大花火大会も行われます。

神輿に和太鼓、阿波踊り――群馬・・・

いえ北関東最大の夏祭りである「高崎まつり」は魅力満点!

そして、極めつけが約15,000発の花火が夜空に次々舞い上がる「高崎まつり大花火大会」です♪

今回は高崎まつり大花火大会の穴場スポットや、

2019年の日程・時間、会場へのアクセス・駐車場情報はもちろん、

見どころ情報もバッチリお届けしてまいります!

第45回 高崎まつり大花火大会 2019年の日程・時間・場所
高崎まつりは例年8月第一週の土・日に行われ、

土曜日の夜に数々の花火が夜空を飾ることになっています。

打ち上げ時間は19:40から20:30まで!

1時間にも満たない時間ですので、出遅れるならまだしも見逃しちゃった~~(涙)、

なんてことのないようにご注意くださいね。(^_^;)

気になる、打ち上げ会場は「烏川和田橋上流河川敷」となっています。

スポンサーリンク

高崎まつり大花火大会へのアクセス方法 

   

■電車で行く場合

―JR各線・上越新幹線・長野新幹線 高崎駅から徒歩約20分

■車で行く場合

―関越道高崎ICまたは前橋ICから車で約25分

―上信越道藤岡ICまたは吉井ICから車で約25分

車でお越しの際は駐車場の有無が気になってしまいますよねっ。

高崎まつり大花火大会では残念ながら駐車場等のアナウンスはないようです。

なので、周辺の駐車場やコインパーキングをご利用ください。

高崎駅周辺の駐車場情報はこちら↓

大きな地図で見る

パンフレットやプログラムも配布されていますので、チェックしてくださいね♪

当日はかなりの人出なので、高崎駅からは流れに逆らわなければ、

自然とお祭り会場や花火会場ついちゃっているかも?

高崎まつり大花火大会の概要・見どころ
実は、流れに逆らわなければ……

というよりも「人の流れに逆らえない」といっちゃいたいほど人気のある「高崎まつり」。

なんと、2日間で70万人もの人を動員するのだとか。

夜の大花火大会だけでなく、昼間も楽しめるのが魅力の「高崎まつり」。

昼の主役は1717(享保二)年には神社の資料に登場する、長い歴史を持つ華やかな高崎の山車たち♪

さすが豪華絢爛っ!

まさに北関東最大級の夏祭りですね!!

とはいえ、北関東最大級の夏祭りという割には、「花火大会の開催時間がたったの1時間?」って思いませんか?

いやいや、「高崎まつり」は皆様の期待を裏切ったりいたしません!

なんたって、大花火大会ですよ!?

高崎まつり大花火大会で、打ち上げられる花火の数はたっぷり約15,000発♪

通常の花火大会では、2時間ほどかけて打ち上げられる花火の数なのです。

それを半分の時間で……と思えば、かなりテンポよく打ち上げないとダメ!

いや、ホントこんなにスピーディーな花火大会のオープニング、まさに圧巻です!

一時も目を離せない、連発に次ぐ連発!

夜空に真昼の光を宿した色とりどりの花が咲き乱れるような様に唖然♪

フィナーレなんて、花火の爆発音が途切れることがありませんから!(^^)/

スポンサーリンク

やっぱこれは見逃せない!

    

この怒涛の花火、せっかくなら良い場所で花火を鑑賞したいですよね?

「高崎まつり大花火大会」では、無料の一般観覧スペースが用意されています。

A会場(和田橋から八千代橋にかけての堤防)
※通路や階段等での場所取り・観覧はNG。

B会場(烏川緑地・高松エリア、緑地公園内を開放)
※通路や階段(指定された階段部分を除く)での場所取り・観覧はNG。

※混雑した場合、安全面を考慮して入場制限を設ける場合アリ。
C会場(高崎総合医療センター北側空き地)

※混雑した場合、安全面を考慮して入場制限を設けます。

※市役所南側、高崎公園脇からの迂回に協力ください。

場所取りは大花火大会当日の「午前8時」開始!!

フライングはダメですよ~?

マナーを守って、できるだけ多くの人が花火を楽しめるようにしましょう♪

ちなみに、これは2018年のの無料観覧スペースだったりします。

毎年、無料観覧スペースが拡大していっているとの話も聞きますので、

2019年はまた少し広がるかもしれませんネ!(^^)

おわりに・・・

    

「高崎まつり」は1985年に始められた新しいお祭りです。また、「高崎まつり」は、
神仏の信仰に基づいたものではなく、市民が参加し楽しむ事が出来る事を目的とした
「高崎の祭典」なのです!

みんなで一緒に暑い群馬を楽しみませんか?

本日は長文を、最後までお読みいただきありがとうございます!m(__)m
この記事がお役に立てたのであれば幸いです♪

最後までお読みいただいた皆様の、ステキなライフスタイル(Lifestyle)を
心よりお祈り申し上げます。

  管理人。

スポンサーリンク