こんにちは!

ようこそ、ご訪問頂きありがとうございます♪

管理者の「umi」と申します。

あなたは、ブレイクが期待される大型新人女優・吉田玲(よしだれい)をご存知でしょうか?

大林宣彦監督による「海辺の映画館 キネマの玉手箱」でヒロイン役に大抜てきされました!

また中学生時代に「隣人のゆくえ あの夏の歌声」に初出演して金子みすゞ役を演じています。

その作品で大林監督の目に留まり、本格的に女優の道を歩き出します。

今年3月に山口県下関市の高校を卒業した若干18歳の女の子なんです!

では、吉田玲(よしだれい)とは一体どんな人物なのでしょうか?

そこで今回「吉田玲のwikiや家族構成と出身中学・高校は?出演・主演映画も!」と題しまして、

吉田玲(よしだれい)のwiki風プロフィールや家族構成、出身中学高校や高校どこ?

どんな映画に出ているの?役どころは?などを、調査して、

まとめてみましたので、あなたの参考にして頂ければと思います。

それではさっそく、お話しさせていただきますね♪

吉田玲…初々しい撮影風景のメーキングカット

スポンサーリンク

吉田玲(よしだれい)のwikiや家族構成と出身中学・高校は?

     

では早速吉田玲(よしだれい)のwiki風プロフィールや家族構成と出身中学・高校を、

サクッとご紹介しますネ!

吉田玲(よしだれい)プロフィール
名前:吉田玲(よしだれい)

出身地:下関

生年月日:2002年3月15日

年齢:18歳(2020年7月現在)

中学校・高校:梅光学院

星座:うお座

家族構成:母・兄。(父親や他の兄弟姉妹の情報は、ありませんでした。)

※引き続き調査を続けて分かり次第追記いたします。

梅光学院中学校・高等学校アクセス方法です。

山口県下関市丸山町2丁目9-1

最寄り駅:下関駅[東口]から徒歩約21分

     幡生駅[出口]から徒歩約38分

関門海峡めかり駅:[出口]から徒歩約54分

吉田玲(よしだれい)の役者としてのキャリアをサクッと・・・

 

2007年:役者としてのキャリアをスタート!

2008年:劇団ZING♪ZINGで舞台デビュー! 

2013年:劇団公演に初主演!! 

2014年:梅光(ばいこう)学院中学校に進学し、高校卒業までの6年間、

    ミュージカル部でも活動していました。 

2020年3月:梅光学院高等学校 卒業しました! 

参照:tysテレビ山口インタビューより。

現在:特定の芸能事務所には所属しておらず、春から故郷の山口県と東京を往復しながら、

   女優を目指し“就活”に勤しんでいる。

吉田玲の出演映画は?主演映画はなに?

 

吉田玲が、初めて出演した映画は柴口勲監督が、

梅光学院ミュージカル部の40名の中高生と作り上げた映画、

「隣人のゆくえ-あの夏の歌声-」(2017年公開)。

主役ではなかったものの、撮影当時中学2年生だった吉田玲は「金子みすゞ」役を熱演しました。

隣人のゆくえ-あの夏の歌声-をサクッと解説。

ある日、忘れ物を取りに学校へ戻ったカンナは、

校内に響く歌声に誘われてミュージカル部が練習している部屋にたどり着く。

夏休みの間、観客としてミュージカル部に来てほしいと頼まれたカンナは、

迷いながらもその部屋へ通うことになるのだが……。

隣人のゆくえ-あの夏の歌声-公式ホームページ:https://rinjinyukue.wixsite.com/rinjinnoyukue

スポンサーリンク
吉田玲の主演映画は「海辺の映画館キネマの玉手箱」

    

あの大林宣彦監督の最新作映画「海辺の映画館キネマの玉手箱」で

主演の少女を演じます!

海辺の映画館キネマの玉手箱をサクッと解説。

尾道の海辺にある映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。

最終日のオールナイト興行「日本の戦争映画大特集」を見ていた3人の若者は、

突如として劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。

戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島にたどり着いた彼らは、

そこで出会った移動劇団「桜隊」の人々を救うため、運命を変えるべく奔走するが……。

海辺の映画館 キネマの玉手箱公式ホームページ:https://umibenoeigakan.jp/

あの大林監督から突然、映画出演のオファー! 

   

きっかけは柴口勲監督の映画「隣人のゆくえ-あの夏の歌声-」。 

吉田玲の転機となったのが、下関を拠点に映像制作活動を行なう柴口勲監督が、

梅光学院ミュージカル部の40名の中高生と作り上げた映画「隣人のゆくえ-あの夏の歌声-」
(2017年公開)。

主役ではなかったものの、撮影当時中学2年生だった吉田玲は「金子みすゞ」役を熱演します。

映画は数々の賞を受賞し、大林監督が目にすることに・・・

2018年5月頃、広島県尾道市で大林監督と初対面しました!!

「映画オファーの連絡があった後、玲ちゃんが大林監督に

『ワッフル食べに来ない?』って言われたんですよ。」

「大林監督がよく行く尾道のお店に食べに行って、

そこから1時間位くらい大林監督とお話して、

そこで、もう『決まり!』ってなって。」

オーディションをするわけではなくて、

『ワッフル食べに来ない?』で決まっちゃいました。」 

大林監督は吉田玲が持つ透明感や演技への熱意、そして将来性を見抜いたんですね。(^◇^)

おわりに・・・

   

現在、特定の芸能事務所には所属してなくしばらくは、

故郷の山口県と東京を往復しながら、女優を目指し“就活”に勤しんでいる。

過去に数多くの名女優を発掘してきた大林監督が見出した“原石”吉田玲が、

女優として大いなる第一歩を踏み出す瞬間は見逃せません!

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」は7月31日から全国公開です!!

4月10日(金)19時23分、大林宣彦監督がご逝去されました。

映画を心より愛し、撮り続けた大林監督、本当にお疲れ様でした。

謹んでご冥福をお祈りします。

今回は、「吉田玲のwikiや家族構成と出身中学・高校は?出演・主演映画も!」とゆう事で、

お話しさせて頂きました。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます♪

本日は長文を、最後までお読みいただきありがとうございます!m(__)m

この記事があなたのお役に立てれば幸いです♪

最後までお読みいただいた、あなたのステキなライフスタイル(Lifestyle)を、

心よりお祈り申し上げます。

最新情報が入り次第随時追記いたします。

スポンサーリンク